高麗人参の初期変化の適量

高麗人参 の不思議なはたらき

  • 高麗人参でオプティマルヘルスを目指します! 高麗人参の初期変化の適量で、 新陳代謝を補い氣力をもたらします!

高麗人 参の不思議なはたらき top > 高麗人参の初期変化の適量

高麗人参初期変化の適量の決め方

高麗人参の初期変化の適量高麗人参の適量の決め方は
 心配な方はとにかくごく少量から飲みはじめることです。 そうすることで、ほとんど変化らしいことは起こらないですみます。

 念のため、新薬とは1時間ほどあけて飲むことお勧めします。 初期変化は長くは続きません。1週間から2週間ほどでおさまります。 長いケース でも1ヶ月程度です。高麗人参の初期変化の適量

 初期変化があると思うと心配で、怖いように思いがちですが、高麗人参の本場、韓国では、生の高麗人参にミルクを混ぜてジュースにして飲んだり、 てんぷらなどの揚げ物にしたり日常的に食べています。

  夏ばて防止にと、参鶏湯(さんげたん)という高麗人参の入った鍋を汗お流しながら食べるのが習慣になっています。

高麗人参の初期変化の適量漢方的にも高麗人参は、
 毒(副作用)がなく、久服軽身延年といって、長期服用すればすれほど、効果が高く寿命を延ばすとされています。
 最初の時期を乗り越えれば、あとは、様子を見ながら、徐々に適量まで増やしていくことになります。 増やす間隔やタイミングは1週間から10日ほどです。

 適量の判断は、温まる、便通や尿の出が良くなる、朝の目覚めがが良くなるなどの変化を感じたら、それが目安になります。 しばらくはその量を続 け、効果が頭落ちになったと感じたら、また増やすと良いでしょう。

高麗人参の初期変化の適量がんなどの大きな病気の場合
 薬の副作用を抑えたい、体力を維持したい、病気そのものにも効いてほしいなど、飲む目的が2重、3重にもなります。 必然的にもっと多くの量が必要になります。

 その目安は、病気が改善に向かっているか、体調はいいかなどです。 高麗人参を飲むことで医師の治療計画以上に早い、回復を遂げている実例が数 多くあります。  

高麗人参の初期変化の適量「神農本草経」にある高麗人参のはたらきは、
 「五臓を補い、精神を安んじ、魂魄を定め、驚悸を止め、邪気を除き、目を明らかにし、心を開き、智を益す」と、ありますます。
 その後の臨床実験から、高麗人参には、人参七効説という、7つ効能があることが示されています。