高麗人参の成分

高麗人参の不思議なはたらき

  • 高麗人参の多彩な成分で、新陳代謝を補い気力をもたらします!

MENU : 高麗人参の不思議なはたらき top >

高麗人参の多様な成分

高麗人参の多様な成分

高麗人参の多様な成分高麗人参の多彩な成分には
 水溶性成分として、炭水化物(ブドウ糖・麦芽糖・ラムノース・澱粉)、ペプチド、アミノ酸、必須アミノ酸、アデノシン、ピログルタミン酸、ビタミンB!1、B2、B12、などのビタミン類、ナトリウム、カリウム、カルシウム、亜鉛、鉄、リンなどの各種ミネラルを含みます。高麗人参の多様な成分

 この水溶性成分の中でも、血統低下作用が注目される、アデノシン、ピログルタミン酸や、放射線防御効果、免疫系に対する効果も特筆すべきものです。

 他に脂溶性成分があり、香気成分植物ステロール脂溶性サポニンなどが含まれています。 このなかに、ポリアンセチン系化合物に抗腫瘍活性が見つかり、注目を集めています。

高麗人参のさまざまな効能の中心は
 高麗人参のさまざまな効能の中心には、各種サポニン配糖体です。 このサポニンとはシャボンと同じ語源で泡の立つものという意味です。

 高麗人参のサポニンは特殊で極めて安全なうえ、薬効に富むサポニンとされています。 主要なサポニン配糖体は、ダンマラン系配糖体、オレアノール系配糖体に分類されています。

 ダンマラン系配糖体は、プロトパナキシジオール系サポニンと、プロトパナキシトリオール系サポニンに分類されています。

高麗人参のサポニン分類
 詳しく高麗人参のサポニン分類すると ジンセノサイドRa1からRoまで、合計すると30種類超えるサポニンが見つかっています。

 サポニン成分は、中枢作用をはじめジンセノサイドRb2を中心とした、脂質代謝や糖代謝への作用、Rg1の血小板凝集するのを防ぐ作用などの、多くの作用が報告されています。

 
 これらの多彩な成分の相乗、相補、または拮抗により全身へのはたらきが発現するのです。

「神農本草経」にある高麗人参のはたらきは、
 「五臓を補い、精神を安んじ、魂魄を定め、驚悸を止め、邪気を除き、目を明らかにし、心を開き、智を益す」と、ありますます。
 その後の臨床実験から、高麗人参には、人参七効説という、7つ効能があることが示されています。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。