高麗人参の七効説

高麗人参の不思議なはたらき

  • 高麗人参の七効説で、新陳代謝を補い気力をもたらします!

MENU : 高麗人参の不思議なはたらき top >

高麗人参の七効説

高麗人参の七効説

臨床経験からの高麗人参の七効説臨床経験からの高麗人参の七効説
 中国最古の薬物書神農本草経では、効能にしたがって、上中下 の三品に分類しています。 その中でも高麗人参は上薬の筆頭に上げられています。

「神農本草経」にある高麗人参のはたらきは、
 「五臓を補い、精神を安んじ、魂魄を定め、驚悸を止め、邪気を除き、目を明らかにし、心を開き、智を益す」と、ありますます。

 その後、臨床経験からの高麗人参には七つの効能があるといわれるようになりました。  

益血復脈 (えっけつふくみゃく)
  血液を造り脈絶を回復させる(貧血・低血圧・心臓機能低下)

養心安神 (ようしんあんしん)
 心を養い、精神を安定させる(ノイローゼ・自律神経失調症)

正律止渇 (せいしんしかつ)
 律液(体液)生成し、渇症を止める(身体の渇きをとめる・糖尿病)

補肺定喘 (ほはいていぜん)
 肺の力を補い喘息を止める(肺炎・肺結核・喘息)

健脾止寫 ([けんぴししゃ)
 胃腸を穏やかにし、下痢を止める(下痢・便秘・胃腸病・食欲不振)

托毒合 (たくどくがっそう)
 体内の毒を排除しできものや傷を癒す(できもの・皮膚の荒れ、解毒作用など)

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。