未病にはたらく高麗人参

高麗人参の不思議なはたらき

  • 未病にはたらく高麗人参が、新陳代謝を補い気力をもたらします!

MENU : 高麗人参の不思議なはたらき top >

未病にはたらく高麗人参

未病にはたらく高麗人参

未病にはたらく高麗人参未病にはたらく高麗人参
  未病とは何でしょうか、病気ではないが、健康でもない状態を指します。 現代医学に基づく病院では、未病の段階では異常なしとして治療されません。未病にはたらく高麗人参

病気になる前にはたらく高麗人参
 病気でないが、調子が悪いという状態は、病気になる前の警告です。

 したがって、未病を治すことが健康の第一歩です。 高麗人参が健康を守る力になることです。

 健康を医者が守ることはできません。 病気のほとんどが、老化や生活習慣の乱れにストレスが加わって発症するといわれます。 それを本人が自覚し予防を行わない限り、病気を繰り返すことになってしまいます。

健康は、自分で守るという自覚が必要!
 実行に移すため健康の三原則を行うことが必要です。 漢方では、劇的に効果を狙っての治療は少なく、むしろ薄紙をはがす作業にもにた治し方が一般的です。

  薬の上薬・中薬・下薬という分類が基本になり、反映されたものといえます。

高麗人参などは生命を養う、
 つまり不老長寿の薬なのです。
 高麗人参などは、生命を養い、いかに多く 長く服用しても毒のない薬としての上薬(または上品:高麗人参を筆頭に、オオキ・ヒャクジュツ・甘草・菊花)位置付けられています。

上薬の定義、神農本草経にある高麗人参
 病気を治すものではなく、健康を保つものとされています。

 漢方における医療の第一は、健康を守る未病の段階で治すという考え方をであることを表しています。

 中薬では、性能を保護する、これに効果があるというのではなく、病気に対しての強壮強精増補の薬、体質によって毒性がことなる。

 下薬では、病気にかかってしまった人が病気を治すために服用する薬のこと。 本質的には毒性がないが必要な時以外は服用しない。  

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。