体の仕組みを妨げるも

高麗人参の不思議なはたらき

高麗人参の不思議なはたらき top > 体の仕組みを妨げるものと高麗人参

体の仕組みを妨げるものと高麗人参

体の仕組み妨げるもの体の仕組みを妨げるものは様々なストレスです
 ストレスに最も敏感な臓器は胸腺で、胸腺は老化する速度が速い臓器として知られています。  ストレスに反応して、ストレスホルモンが多量に分泌されると、副腎は肥大し、胸腺は萎縮して、免疫力の低下を招きます。 現代社会はストレス社会といわれ、交感神経を刺激しやすい環境です。 適度なストレスは生活のメリハリや健康にもよいことが分かっています。

体の仕組み妨げるもの過度のストレスで、
 過度のストレスでは、コルチゾールといわれるストレスホルモンが生産されます。 ストレスが長期化すると、ホルモンバランスが崩れ病気の原因となり、細胞は破壊されホルモンの供給源の副腎はくたびれ、体は栄養不足になってしまうのです。体の仕組み妨げるもの

高麗人参はマクロファージをはじめ、免疫機能を活性化する働きを持ち、ストレスで損傷を受けた細胞を修復するといいます。

 現代人は有形、無形のさまざまなストレス原因を抱えています。 過労や睡眠不足、騒音や化学物質、人間関係における不安や恐怖、精神緊張、興奮など実に様々です。 ストレスによって、ホメオスタシスが妨げられ低下する自然治癒力と免疫力の強化が大切なのです。   

 若々しさの源と言われる成長ホルモンは、年齢とともにその分泌が減少してきます。 15~20歳前後でピークを迎えますが、その後は急激に低下してしまい、40歳で20歳の時の4割程度まで落ち込んでしまいます。

 身体に精神的、肉体的、感情的なさまざまなストレスが加わると、体はホルモンを分泌をして、ストレスに対抗するのですが、ストレスが過剰になるとホルモンを分泌する臓器副腎も疲れて、ホルモンバランスが崩れて対抗できなくなってしまい、病気の原因になってしまいます。

体の仕組み妨げるもの糖質コルチコイドというホルモンは、
 タンパク質を分解してブドウ糖をつくり出しますが、ストレスが長期化すると、タンパク質が過剰消費され、皮膚の張りツヤがなくなり、歯槽膿漏や、胃潰瘍、関節炎、骨粗鬆症などの原因ともなりえます。

 高麗人参はマクロファージをはじめ、免疫機能を活性化する働きを持ち、ストレスで損傷を受けた細胞に対して修復作用行います。 結果的にストレスホルモン分泌で疲れた副腎を強化し、ストレスから身を守ることができるのです。

高麗人参で、 健康習慣
始めませんか
    
 

体の仕組みを妨げるもの page top > 高麗人参の不思議なはたらき

Copyright (C) 高麗人参の不思議なはたらき All Rights Reserved