元気になる高麗人参

高麗人参の不思議なはたらき

  • 元気になる高麗人参のたらき、新陳代謝を補い気力をもたらします!

MENU : 高麗人参の不思議なはたらき top >

元気になる高麗人参のはたらき

元気になる高麗人参のはたらき

元気になる高麗人参のたらき心を温め・毒を出し心を元気になる高麗人参
  病気に対するとらえ方を、常に体と心の両面をあわせて見つめ、対処することがより早くよくなる秘訣です。 それは、病気に原因のひとつにストレスがあるからです。

体が冷えている人は心が冷える要因も
 体が冷えて背景には、心も冷えるような困難や辛いことがあったはずです。 ですから心も温めないといけません。

元気になる高麗人参のたらき ストレスという心の毒はなるべく早く出し、捨て去る必要があります。 そうすれば、気力が沸いてくるはずです。

ストレスを漢方的では邪気と捉える
 ストレスは漢方的に邪気と捉えることができます。 邪気が多くなると正気(元気とほぼ同じ意味)が少なくなります。

 ストレス源を断つことでが、どうすることもできない環境や人間関係や職業によるものなど、断ち切るのは自分がストレスに強くなるということです。

漢方は古くから、病は気からと説いてる
 現代医学では、胃潰瘍などの病気を引き起こす原因として、ストレスの存在を明らかにしました。

 漢方は古くから、病は気からと説きさまざまな気の薬(気剤)を見つけ出しました。 高麗人参は霊薬ともいわれ七効説の中に養心安神(ようしんあんしん)というはたらきがあります。

高麗人参のはたらきに、
  養心安神(ようしんあんしん)、心を養い神経を安定させるという意味です。 これは、精神安定、自律神経の安定ということです。

 高麗人参は、中枢神経にはたらき、精神面でも、ストレスに強くなる抗ストレス作用を持つことが分かっています。

高麗人参は、
 自律神経失調症や更年期障害という名の不定愁訴に対して顕著な効果を表します。 これは大脳の中枢神経にたいして、興奮(エキサイトではなく促進)と沈静(抑制)の両面の作用をもつ高麗人参だから可能なことといえます。 うつ病、パニック障害などの病気の改善にもつながることが知られています。  

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。