出す高麗人参

高麗人参の不思議なはたらき

  • 出すはたらきと高麗人参が、新陳代謝を補い気力をもたらします!

MENU : 高麗人参の不思議なはたらき top >

出すはたらきと高麗人参

出すはたらきと高麗人参

出すはたらきと高麗人参高麗人参は、出すことで血液・体液を浄化につなぎます。
 高麗人参は、内臓のはたらきを高め、汗、尿、大便などで不要な余分なものを出し、血液・体液を浄化してくれます 。

 出すことの目的は、血液浄化や体質改善です。 極論になりますが、疲れやすいのも風邪を引きやすいのも、肩がこりやすいのも癌などになるのも、血液が汚れることにより免疫力が低下したためといえます。

 私たちの体は、老化に伴い体内に老廃物や有害物質など、毒素が蓄積します。 内臓のはたらきが低下し十分に解毒、排泄機能が作用しないことに原因があります。出すはたらきと高麗人参

 漢方には、汗・吐・下(かん・ど・げ)ということばがあります。 病気は出て治るといいます。 高麗人参は内臓のはたらきを高めて、汗、尿、大便などで不要な余分なものを出し、血液・体液を浄化してくれます。

高麗人参の出す効果は、細胞にもダメージも軽減、
 がんの病状にも明らかです。 がんになるとたいていの場合、抗がん剤や放射線治療が行われます。 そのさい、がん細胞だけを狙って消したいところですが、どうしても正常な細胞にもダメージを与え、副作用などに見舞われます。 高麗人参が、正常細胞ダメージも軽減させるのです。

高麗人参を飲んでいると
 抗がん剤の服用前後に、高麗人参を飲んでいると、副作用がまったくなかったという場合も多いのです。 これは肝臓や腎臓のはたらきを高め解毒排泄を足す得ている事によるものです。 がんの怖さは、がんの出す毒素のトキソホルモンにあるといわれます。

 これは、体をがん悪液質にし、がn患者が痩せていくのはこのためといわれています。 高麗人参はこのがんの出すトキソホルモンを五分の一に減少させることが分かっています。 しかも副作用がないことをあわせると理想的な生薬といえます。

病中病後の体力保持や改善にも
 病中病後の体力保持やひいては、二度と大病しないように、体質改善を目指して飲んでいただきたいものです。 高麗人参のサポニンが腸内細菌によって代謝されると、抗がん剤に値するような力を発揮することも分かってきました。

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。