高麗人参 はたらき

高麗人参の不思議なはたらき

  • 高麗人参でオプティマルヘルスを目指します、高麗人参のはたらきは新陳代謝を補います!

高麗人参の不思議なはたらきへようこそ!

高麗人参 不思議 はたらき中医学漢方生薬での高麗人参は、
 強壮剤として利用され、エネルギーを補充する不思議なはたらきが考えられていました。 高麗人参はその七効説で知られるように、補中益気湯など多くの漢方薬の原材料として利用されています。

 高麗人参 不思議 はたらき今日に至っては、高麗人参は全般的な健康促進、体力増強、集中力向上、免疫機能刺激、老化防止に、また、呼吸器障害、心血管障害、うつ病、不安障害、勃起不全、更年期のほてりなどさまざまな健康障害を軽減するための様々なサプリメントとしても用いられています。 

朝鮮半島に自生するウコギ科の多年草の高麗人参
 高麗人参は、朝鮮半島に自生するウコギ科の多年草で、多くの栄養成分を含む根が、古くから不老長寿の薬草として使用されてきました。

 日本においは、オタネニンジンや朝鮮人参とも呼ばれる高麗人参は、古来より高貴な健康素材として、とりわけ希少価値が高く重宝されてきました。

  古くは正倉院の「種々薬帳」の中にも、時の天皇が東大寺に奉献した貴重な薬物として「人蔘」の記述があります。

高麗人参には
 高麗人参を栽培すると、その土地は極端にやせてしまい、農地として利用が出来ないといわれるほど、大地に含まれる栄養分を存分に吸収して育ちます。

 高麗人参の成分には、炭水化物、各種ペプチド、アミノ酸類、核酸類、各種ビタミン、各種ミネラルなどを含んでいますが、最大の特徴は、ジンセノサイドという高麗人参特有のサポニンを約40種類含有していることです。

 ジンセノサイドとは、ginseng  [高麗人参] と glycoside [配糖体] の合成語で、高麗人参に含まれる配糖体を意味します。

 人参の学名はPanax ginseng といいますが、このPanax という属名はギリシャ語のPan [万能] とacos [薬] から名付けられたもので、ヨーロッパでも古くからその多彩な薬効が注目されていたようです。

  一般的に、サポニンは多量に服用すると、毒性を示す性質を持っているといいますが、高麗人参に含まれるサポニン[ジンセノサイド]には、毒性がないのが特徴で、これは多量に長期間服用しても習慣性がなく、副作用もないということです。

  現代はストレス社会といわれます。 ストレスにいかに強くなるかが健康へのカギともいえます。 高麗人参は抗ストレス剤として、ストレスからあなたを守る不思議なはたらきがあるのです。

 
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。